東京国立の癒しサロン「ハウスカ国立」では、
様々なセラピー・カウンセリングの中でも主に3つのメニューを実施しています。

  • ヒプノセラピー催眠療法とも呼ばれるあなたの
    「潜在意識」に働きかける
    ヒプノセラピー
  • 家系セラピー家族という集団システムから
    今の原因を紐解く
    家系セラピー
  • 恋愛カウンセリング「恋愛サイエンス」を身につけたセラピストが、現状と今後を引き出す
    恋愛カウンセリング

自らも様々な経験をしてきたスタッフが、あなたの悩みや不安に寄り添います。
自宅の一室をゆったりくつろげるサロンスペースとしてご用意しております。
明るい日差しがさしこむお部屋で、ゆっくりお話をうかがい、セラピーセッションをいたします。

サロン紹介

ハウスカ国立

住所 〒186-0002 東京都 国立市東
(詳しい場所はご予約いただきましたら折り返しご案内申し上げます)
最寄り駅 JR中央線 国立駅 南口徒歩6分
電話番号 042-505-6530 施術中は留守番電話が対応いたします。
メールアドレス info@hauska.info
営業時間 対面セッション 10:00~21:00
電話・スカイプセッション 10:00~24:00
電話受付は10:00~21:00までです
定休日 不定休 お休み日は予約カレンダーをご覧ください
クレジットカード 利用不可
駐車場 駐車場なし

スタッフプロフィール

山本さら

山本さら

東京都出身、1966年生まれ。
東京下町、谷中・根津・千駄木(谷根千〈やねせん〉というらしい)界隈で生まれました。
小学生のころからお芝居や歌が好きで、父が買ってくれた宝塚歌劇団の公演テープを丸暗記して、一人「ベルサイユのばら」をやっているような子供でした。

お芝居好きが中学・高校と続き、桐朋学園大学短大部(現・桐朋芸術短期大学)の演劇科へ進学。卒業後は知り合いの小劇団に参加、公演を重ねながら10年間演劇活動が続きました。

役を作る上で、自分を追い詰めていき、役と作品の根底に流れる脈流に触れるとき、
人の心の深さと神秘さが宇宙につながるものであることをしばしば実感。
同時に、演劇に携わる人やお客さんの中に、心の問題を抱えて生き難く思っている人が多いこと、どうすればそこから解放されるのかを考え始めました。

そんな中、劇団が解散、自分の離婚も重なり、人生の目的が無くなってしまったかのようでうつ状態に。
元気でエネルギッシュが売りだった私の、まさかの鬱。自分で自分が受け入れられず、
挫折感まみれで人が大勢いる所に行くと具合が悪くなる症状が出て、引きこもらざるを得なくなりました。

なんとか元気を取り戻したい。
多くの心理関係の本を読み、セラピー、ヒーリング、心理療法セミナーを受けました。少しづつ良くなりましたが何か、こころの根っこの部分の具合が悪いまま・・・。
その時「ヒプノセラピー」を知り、私の答えは私の中にあるはずだ、と直感、さっそくセラピーを受けました。

3回のセッションで、私の中の「生き難いある部分」がゆっくりと消えていきました。
これは驚きです。あんなにどうにもならなかった考えと行動が、無くなってしまったのです。楽です。本当に、楽になりました。

一体、私の心に何が起こったのか。
それが知りたくて、ヒプノセラピーを学ぼうと決意しました。
しかし、学ぶお金がない・・・仕事してませんでしたから。
社会復帰のリハビリを兼ねて、
だれでもできるバイトを少しづつ始めました。

頭痛や呼吸が苦しくなる症状もありましたが、
なんとか、普通の人に戻ってきました。

やっと念願のヒプノセラピースクールで勉強が始まり、
素晴らしい先生と仲間にも恵まれ、卒業した後もアシスタントや
専属セラピストをさせていただきました。
さらにインストラクターコースを受けて厳しく指導していただき、
今でも常に成長のため、学びは欠かせないと思っています。

ヒプノセラピーのセッションを始めると同時期に、アロマセラピートリートメントの仕事も始めました。
アロマは自然を感じて癒される、自分でできる身近な方法でしたので、バイトをしながら通信講座で勉強して、
資格を取りました。生活の中に癒しの香りがあるだけで、とても気持ちが良いものです。

セッションを続けながら、ヒプノセラピースクールを運営していた会社でスクール部門の営業責任者として働かせていただき、
会社のセッションルーム専属セラピスト、日本ヒプノセラピー協会事務局も兼任しました。ここで出会った多くの生徒さん、
上司、仕事仲間、取引先の方々、大学の先生、専門のセラピストさんとの交流は、かけがえのない経験です。

2004年、心理療法のワークショップで出会った今の夫と結婚、退社、転居、出産。育児中は仕事をお休みして、
通信制の大学で心理学を学び、現代催眠である「NLP」を学びました。心は学ぶほどに深いです。

心の療法とボディに働きかける療法、この二つの融合で、気持ちよく楽になってもらえたら・・・
そしてその方の本当の湧き出しあふれるエネルギーを取り戻す。そんな思いでサロン「ハウスカ国立」を夫と立ち上げました。私の知っていることを、
一人でも多くの必要としている方にシェアしたい。あますことなく伝えていくことが私の使命だと考えています。

  • 全米催眠療法協会認定ヒプノセラピスト
  • 同協会認定ヒプノセラピーインストラクター
  • 日本NLP学院 ジョン・グリンダー氏認定
     ニューコードNLPマスタープラクティショナー
  • 日本ライフセラピスト財団 認定コーチ
  • 日本ライフセラピスト財団 認定恋愛コンサルタント
  • JAA日本アロマコーディネーター協会 正会員
  • 同協会認定アロマハンドリラックス会員
  • 同協会認定アロマインストラクター
  • アロマエンライトメントⓇ認定ティーチャー

芳賀正和

芳賀正和

千葉県出身、1969年生まれ。
小学生になった頃から、「人は何故それぞれ違うのか」という興味を持ち、人体のしくみや薬の体への作用など興味のある分野の本を読み漁り、さまざまな知識を得ることに没頭していました。
ちょっと変わった子供だったかもしれません(でもマンガも大好きでした)。

21歳の時、病院で事務職に就いていたころのこと。
内臓疾患で入院している患者さんの中で、精神的な病気を発症する人がいるのを見て疑問を感じ、職場の医師から精神医学を教わり始めました。

「人は何故それぞれ違うのか」子供のころからの私のこの追究心から、
人の心について精神医学と関係の深い臨床心理学を学ぶことに没頭し始めました。

臨床心理学の中で、特にカウンセリングに興味を持ち、カウンセリングのオーソドックスな方法である「来談者中心療法」を
専門機関で習得中、臨床心理学の知識をさらに深めるため大学の心理学コースに入学を決意しました。大学在学中は
心理学・臨床心理学・文化人類学・コラージュ療法や行動療法・プレイセラピー・ブリーフセラピーなどを学びました。

しかし私自身が子供のころから言葉に対し苦手意識があり、自分自身の言語でのカウンセリングに限界を感じていました。
次第に身体表現を読み取ったり、直接無意識にアクセスする「トランスパーソナル心理学」の様々な療法を調べ、
自分にあったセラピーを模索していました。

そんな折、縁あって「エニアグラム」を知りました。

長年、疑問であった「人と人とのコミュニケーションが何故うまくいかないのか、人は何故それぞれ感じ方や考え方が違っているのか、
人は人間として成長できるのか?」その答えをエニアグラムによって得られるのではないかと感じ、エニアグラムのトレーニングを受けました。
トレーニングを受けたことによって深い学びが得られ、日常でもエニアグラムの知識を生かせるようになりました。

またその後、「システム・ファミリー・コンステレーション」という療法に出会い、
創設者のドイツ人療法家、バート・へリンガー氏のワークショップに参加し、このワークの素晴らしさに感銘を受けました。
自分の今まで学んできた臨床心理学の知識の範疇を超えていると直感し何としてでもこのワークを学びたいと思い、
「システム・ファミリー・コンステレーション」のトレーニングに参加しました。
このワークを学んでいくうち、今まで学んだ知識と体験がより深く自分の財産となっていくのが体感としてわかってきました。

ここで、「家系セラピー」という名称について。
当サロンの私が担当しているメニューである「家系セラピー」は、「システム・ファミリー・コンステレーション」とほぼ同じ内容です。
「システム・ファミリー・コンステレーション」という名称は欧米の心理療法家の間では知られていますが、日本では一般にはまだ普及していないため、名称を聞いても良くわからない、覚えられない、との声を多くいただきます。
そこで、わかりやすい名称はないものかと考えました。

基本のシステムワークに加え、私のスキルである「エニアグラム」も用いながら、クライエントさんの悩みを家系のもつれをほどく作業で変容させていくセラピーであること。
家系の中に隠されたつながり、情、秘密の出来事、本当に見ている人、間違った役割の位置。これらを正しい流れに戻すセラピーであること。

「家系セラピー」はどうだろうか?

「システム・ファミリー・コンステレーション」
に敬意を払いつつ、日本の悩みを抱える方々へ届けるために、この「家系セラピー」というわかりやすい名称を使おうと思いました。日本でもこの療法が広まっていくことを願っています。

自分の経験や先達のセラピストの方々と触れ合っていくうちに、
「クライエントの中の光を探し出すのはクライエント自身。セラピストやカウンセラーの仕事はクライエントの光を探すお手伝いをすること」との考えに到り、
それを心がけていきたいと思っています。
また、自分自身の成長を志し、現在でもさまざまなトレーニングに参加しています。

2004年 山本さらと結婚、1女の父。

  • へリンガー・インスティテュート・ジャパン システム・ファミリー・コンステレーション トレーニングプログラム アドバンス修了
  • 日本ライフセラピスト財団 認定コーチ
  • 日本ライフセラピスト財団 認定恋愛コンサルタント
  • エニアグラム・インスティテュート ドン・リチャード・リソ、ラス・ハドソン認定 エニアグラムプロフェッショナルトレーニング修了
  • ご予約・お問い合わせ お電話受付 10:00~21:00 不定休
  • TEL042-505-6530 完全予約制
  • メールフォームはこちら
  • ヒプノセラピー
  • 家系セラピー
  • 恋愛カウンセリング